フォト

お天気

無料ブログはココログ

« 障害者さんとのお盆 | トップページ | 介護の現場 »

2012年8月16日 (木)

明徳義塾『甲子園が割れた日』

41ppfdqrddl__sl500_aa300_今、中村計著『甲子園が割れた日』という本を読んでいます。皆さんは覚えているでしょうか? 1992年、今から20年前の夏の甲子園。高知代表明徳義塾と石川代表星陵高校。そう、あの松井秀喜が5打席連続敬遠があった日です。高知出身の私は、この試合を見ていて、ずっと違和感が残っていました。20年経って語られるあのときの真実。まだ読み始めたばかりですが、わくわくする1冊です。

« 障害者さんとのお盆 | トップページ | 介護の現場 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明徳義塾『甲子園が割れた日』:

« 障害者さんとのお盆 | トップページ | 介護の現場 »