フォト

お天気

無料ブログはココログ

2017年10月10日 (火)

渡辺和子さん

渡辺和子さんが亡くなって、もう1年がたちますね。あなたと初めて知り合ったのは、自分が岡山に住んでいた頃、傷心傷ついていた時に、ノートルダム清心女子大にあなたの講話を聴きに行った時でした。不躾に訪問した清心の学生でもない他大学の自分を笑顔で受け入れてくれ話を聞いていただきました。あの時の号泣した涙、優しく抱きしめていただいた細い腕、そして人生に絶望しかかっていた自分を救っていただいた感謝の念は一生忘れません。あなたのおかげで自分はまだ生きています。あなたのおかげで、今はヘルパーの仕事について、微力ではありますががんばっています。縁もゆかりもない岡山の土地であなたと巡り会えたことは、正に神様の巡り合わせでした。親からの仕送りもなく新聞配達をしながら生計を立て、あなたが見守ってくださると思いがんばることができました。岡山が第二の故郷と思えるのは、あなたと出会った土地、そして苦楽の思い出がいっぱいつまった土地だからです。著書『置かれた場所で咲きなさい』、『どんな時でも人は笑顔になれる』は今も自分のバイブルとしてiPhoneの中に入っていて、何度も読み返してますよ。もうあなたに会えないのはとってもつらいですけど、教えていただいたこと、指南していただいたことを忘れずに、これから恥ずかしながら、ひっそりと生きていきたいと思います。あなたに助けていただいた残りの人生、人のために尽くしたいと思います。ほんとうにありがとうございました。また逢いにいきますね。


2017年9月21日 (木)

トラベラーズノート A6版

トラベラーズノートのA6(文庫本サイズ)オリーブエディションを入手しました。通常のパスポートサイズより若干大きめです。ですんでどこにも売ってない特別版です❗️ Instagram で知り合った方から、安く譲っていただいたんです。革の質といい手触りといい、とってもいい感じ。大きさも、メモの量、ポーチに入るくらいの大きさでぴったしです。長く使っていきたいです😀








2017年8月 5日 (土)

六甲山の昼と夜

六甲山の昼と夜。12時迎えの19時半送りの利用者さん宅より。




2017年7月15日 (土)

海自サマーフェステバル

今日は、神戸港開港150周年記念のサマーフェステバルに行ってきました。おめあては海自❗️ 駆逐艦、潜水艦を見てきました。それにしても暑かった☀️☀️☀️






2017年6月 9日 (金)

蛸福神

今日は大阪市内にとある場所にあるたこ焼きのお店へ。駅前から遠く離れたディープな場所へお昼ゴハンを求めて奥へ奥へ……。そして見つけたのがここ「神出鬼没屋台 蛸福神」。 ワクワクしながら入ってみると、中はいたって普通の食堂で、たこ焼き屋にも関わらず、ゴーヤチャンプル定食を頼んでしまいました(笑)。次回は焼ラーメンにしようかな🍜


2017年6月 3日 (土)

Lamy ペトロール

Lamyの2017年色はペトロール。6月発売ということでゆっくんと、グランフロント大阪の伊東屋へ。なかなか渋いっすねぇ。思わずペンとインクボトルを合わせて購入、早速日記を書いています。今までのブルーブラックよりいい感じ。


2017年5月22日 (月)

荒牧バラ公園

移動支援で近所の荒牧バラ公園に行ってきました。バラの花はちょうど今が見頃。たくさんの人が来てましたよ。普段はあまり表情を顔に出さない利用者さんなんですが、キレイな色とりどりのバラの花に囲まれて大きな笑顔😀 がんばって来た甲斐がありました❗️






2017年4月16日 (日)

京都の八阪神社

今週は、毎日どこかのお花見に行ってますが、今日は定番中の定番の京都円山公園へ。かなり散ってきてますが、なんとか楽しめました。でも、人の多さといい、交通事情の悪さといい、公衆トイレの少なさといい、ちょっと移動支援で来るのは失敗したかなぁと……。






2017年4月 4日 (火)

新聞配達

大学生の時、岡山で新聞配達をしてました。家が貧乏だったため、新聞社の育英奨学会を利用し、学費をもらうためです。この制度、昨今問題視されているような返済はなく、4年間勤めあげたら返済の義務はないというもの。4年間、がんばりましたねぇ。朝は3時半に起きては、雨の日も雪の日も元旦も配りました。苦労も多かったはずですが、なぜか今では楽しかった思い出しか覚えていません。あの時はみんなが同じ釜の飯を食べ、寝起きを共にした仲間がたくさんいました。最近、ふと、あの頃に戻りたいような衝動にかられます。勉学に励み、仲間と遊び、恋愛もし、まさに青春時代だった充実したあの頃に。半分ヤクザみたいな世界で、他の同級生とは確実に違う世界に生きてるなぁと感じてました。他の同級生が部活やコンパ等に明け暮れている時に、「明日の朝早いから」と現実味のある理由で断り、午後9時には就寝、午前3時半起床。ほぼ毎日このパターンでしたから、体調を崩すこともなく健康に生活してました。ただのずっと慢性の寝不足でしたけどね(笑)。また同級生が教室で講義を受けている間でも、僕は一人で確定申告の紙を広げて電卓をたたいてました。勤労学生ですね。一番うれしかったのは年に数回ある新聞休刊日。唯一ふるさとに帰省できます。一泊二日でしたが、なかなか休みがなく帰れないぶん、帰省はうれしかったですね。一度、家族が休肝日に下宿に遊びにきたことがあります。風呂もない下宿だったので、家族で始めて銭湯に行きましたよ。夜は六畳一間の下宿に家族4人が川の字になって寝てました。で翌朝、後楽園やら倉敷界隈を観光に行ったのを覚えています。
兎にも角にも、この4年間、新聞配達を続けたことが、この後の人生に大いに役立ちました。この時身につけた自然と一体となって仕事をする感覚は、今の介護の仕事にも通じるものがあると思います。残念ながら憧れていた学校の先生には教員免許の単位が足りずになれませんでしたが、新聞社に推薦状を書いてもらい大手電機メーカーの関連会社に就職できました。


2017年3月28日 (火)

久しぶりの虹

今日は夕立のおかげで少しだけ虹が出てましたね。久しぶりに空を見上げたような気がします😀🌈🌈🌈


«52歳の免許証更新